よくあるご質問FAQ

みなさんからよくいただくご質問にQ&A 形式でお答えします。

Q1

プラマグを全く使ったことがありませんが、どうすればいいですか?

A1

当社では技術研究部内に、成型サポートグループがあり、金型の設計から材料選定、成型条件だし、成型サンプル作製、評価までをサポートいたします。お客様のニーズに短納期で対応できるシステムです。是非ご活用ください。

Q2

プラマグコンパウンドは普通の成型機で成型できますか?

A2

成型することはできますが、耐摩耗スクリュー・シリンダーにしないとスクリューやシリンダーがすぐに摩耗してしまいます。また、異方性の材料は金型に磁気回路を組んで配向させる必要があります。コイルをタイバーにあらかじめ埋め込んで、射出時に磁場を制御できる磁場成型機というものもあります。

Q3

カタログにない材料が欲しいのですが?

A3

カタログに掲載されているのは代表的なものだけですので、問い合わせいただければ弊社よりご提案させていただきます。また、カスタムグレードの材料作製も随時行っております。既存材料の改良から、新規材料の開発まで積極的にユーザーのニーズにお応えします。

Q4

成型サンプルを作れますか?

A4

各種の切削母材からの加工によりサンプル作製ができます。また、短納期で試作金型の作製を行い、成型サンプルの作製を行っております(有償)。

Q5

材料の分析はできますか?

A5

当社では熱分析、SEMなど各種の分析機器をそろえております。成型品内の異物の分析や樹脂の特定などが可能です(一部有償)。

Q6

磁力測定したいのですが?

A6

マグネットアナライザーで周方向および軸方向の磁気測定が可能です。データはエクセル等のデータでお渡しすることができます。また、磁気測定器のメーカー等のご紹介もさせていただいております。

Q7

ハイブリッド磁石を使う注意点はありますか?

A7

異方性フェライトと等方性希土類のハイブリッド磁石の場合、異方性フェライト部分を配向させる必要があります。また希土類磁石用の後着磁が必要です。異方性フェライトと異方性希土類のハイブリッドではもちろん両方必要になります。